So-net無料ブログ作成

『戦場にかける橋』 [映画]

[映画]
『戦場にかける橋』1957年の作品

巨匠D・リーン監督が第2次大戦中、タイの日本軍捕虜収容所を舞台に戦争の狂気と虚しさを壮大なスケールで描き、第30回アカデミー賞で計7部門を獲得した戦争映画の名作!

解説
第2次世界大戦中、タイとビルマ国境を流れるクワイ河に架ける鉄道橋建設のため、工事に駆り出された日本軍の捕虜の連合軍兵士たち。誇り高き英国軍士官は、苦難に耐えながら建設工事に心血を注ぎ、一方、そこからの脱走に成功したアメリカ人水兵は、橋の爆破作戦に参加。考えと立場を異にする男たちが、橋の建設をめぐってスリリングな葛藤と対立を繰り広げ、やがて壮絶なラストへと至る、迫真の人間ドラマだ。A・ギネス、W・ホールデンらの好演に加え、日本軍捕虜収容所長を貫禄十分に演じた伝説の男優、早川雪洲の存在感も忘れ難い。

ストーリー
第2次世界大戦中、タイのジャングルにある日本軍捕虜収容所。その所長である斎藤大佐は、連合軍の兵士である捕虜たちに、国境のクワイ河に鉄道橋を架けるための建設工事を命じる。

当初、“将校には労働さをせない”という軍事協定を盾に、命令を拒否していた英国軍士官のニコルソン大佐も、やがて工事に積極的に協力するように。

一方、収容所を脱走したアメリカ人水兵のシアーズは、橋を爆破する作戦に参加することになるが……。



ニコルソン大佐    アレック・ギネス
シアーズ        ウィリアム・ホールデン
斎藤大佐       早川雪洲
ウォーデン少佐   ジャック・ホーキンス
ジョイス軍曹     ジェフリー・ホーン
クリプトン少佐    ジェームズ・ドナルド
グリーン大佐     アンドレ・モレル




http://ethanedwards.blog51.fc2.com/blog-entry-639.html
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

サンフランシスコ人

5/11 サンフランシスコの日本町の映画館で、『蛟竜を描く人』 (早川雪洲と青木鶴子主演のハリウッド作品)を上映....

http://caamfest.com/2019/movies/the-dragon-painter/
by サンフランシスコ人 (2019-04-26 06:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。