So-net無料ブログ作成

最近の私のドラマの感想 [テレビ番組]

韓国のドラマ

素晴らしき、私の人生
http://kdrama.fc2web.com/gtitle/461603321.html

ハマって観ていたので 終わってしまって残念 ヒョヌ君は サイン入りチェキが昔当選したし
まさかの帝国劇場でお逢いできた キム・ジュンヒョンさんも出演していて 嬉しかった

今日からは
私の男の秘密
http://kdrama.fc2web.com/gtitle/457674809.html

ソン・チャンウィさんの日本でのファンミ 6000円で素晴らしかったのが思い出
ダヒョンさんも出演なので期待


秘密の扉
http://kdrama.fc2web.com/gtitle/412926702.html
NHKBSなのに今一ハマりません


リターン
http://kdrama.fc2web.com/gtitle/461776617.html
これはハマっています

マッド・ドッグ
http://kdrama.fc2web.com/gtitle/456485157.html
こちらも好きです


日本のドラマでは
スーツ
韓国版も観たので見ています

僕らは奇跡でできている
不思議なドラマですが とりあえず録画してみています

中学聖日記
これは毎回楽しみでハマっています 可愛い

獣になれない私たちは  私には合わず 録画をやめました

黄昏流星群
姉さま一番お気に入りで観ています 風景も一発目にスイスが・・・好きなドラマです

昭和元禄落語心中 育三郎君 頑張っているので 楽しみに見ています

大恋愛 私的に ムロヒロシさんが苦手だと判明 観るのをやめました

ドロ刑 録画がたまってしまいました

下町ロケット 大好き過ぎます 2回は見ます

今日から僕は 健太郎君は好きですが 私はこの手のドラマは苦手です

主婦カツも大好き

まんぷくも 福ちゃんが可愛くってハマっています


部活、好きじゃなきゃダメですか? これにはがっかり 可愛い彼らをもっと素敵な内容のあるドラマに出して欲しい  気の毒になる内容

廉君の大ファンですが あれじゃ 昔のGSの映画のようです
もっと時間とお金をかけて素敵な作品に

僕とシッポと神楽坂
相葉君のドラマはいつも素敵で 心が温まる作品で私は大好きです
人柄がドラマに反映されてる

白洲迅君のも観ています


nice!(0)  コメント(0) 

生きる 鹿賀さんにて [ミュージカル 劇]

25日は 赤坂ACTシアターにて 生きる
7日のプレビューの時は 空席が目立っていましたが 大感動して 私にしては珍しく リピチケの列に並び25日のチケットをゲットG列がまだ取れました 舞台が近いので 双眼鏡がなくても 凄い化粧でも 誰だか解る

先日 川口竜也さんが 入り待ち出待ちが禁止なので 公演の後にライブをして下さって 
ピアノが 姉さまが大好きな 村井一帆さん

お二人の 生きるの お話しを聞けて 裏話やご苦労話などなど

その後の観劇で座席が前の方だったので 
オケをのぞいたら 一帆さんが気が付いて下さって手を振って頂き
もうその時点で 心臓がバクバクになった

幕が上がり 新納さん 素晴らしくって もう そこから 生きるの舞台に心もすべて持って行かれる

こんなに集中して舞台を観るのも初めて・・・
動き 音楽 舞台装置 スタッフの方達 出演者の方達の やる気 凄さ 情熱

鹿賀さんの神的凄さを目の前で観られて 号泣

浅利慶太さんが 鹿賀さんがステーキで 市村さんは 添え物のブロッコリーだと 最初に言われたそうで

ブロッコリーは 日々努力 努力して 地味に結果を出して今の地位を築いた 凄い俳優さんだ

ステーキは 半端なく ステーキだった 凄いの一言 

生きるを 作り上げて下さった スタッフの方にも感謝

震えるほど感動しました




nice!(1)  コメント(0) 

三森千愛さん 10周年記念ライブ [ミュージカル 劇]

岡 菜々子ちゃん   ミュージカル「アニー」(来年4月27日~5月13日、東京・新国立劇場)見事アニーになりました なので 昨日は不参加でした

渡邉おとはちゃん
亀山めいちゃん
竹内彰良君
大前優樹君   ミュージカル「ラブ・ネバー・ダイ」グスタフ役
坂野佑斗君

6月に申し込み済みで最近忙しく ツイッターも じっくり読まずに・・・ ブルームードに 開始時間も千愛さんに聞いてから行った私 ゲストが誰かも知らずに・・・
まさかの友人に会って ゲストを聞いてびっくり

姉さま メリポピは通って 子役ちゃんも 大好きだった

小澤時史さまの素晴らしい編曲で 30分間のメリポピ特集を 子役ちゃんを含め 千愛さんの歌声を聞くことが出来た

10年間の思い出の歌と楽しいトークで 19時開始で終了は22時近い 3時間も楽しい至福の時間を頂いた

プリシラも楽しみですが
 TipTapワークショップ公演
ミュージカル『High Fidelity』 を違うキャストで観に行く予定 2回通う事に・・・

子役ちゃんたちが ガブローシュを勝ちとると 熱い心の中を オーディション 頑張って 帝国劇場で逢いたいな

って ビリーエリオットも 勿論挑戦したいとの事  昨日は 何倍も夢の様に楽しかった

練習大変だったと思うけれど 楽しかったと思う

一番楽しそうだったのが ちあママだったから

千愛さんのお人柄ですね いつも優しい  

最近 姉さま 幸運に恵まれています 感謝 感謝です

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

更新できず ごめんなさい [独り言]

Facebookに書き込むのがやっと

シアターオーブ グレイテストミュージカルコンサート
これは 3日間通いました

最近見たこの手のコンサートの中でも 最高級のレベルで素晴らしかったです

海宝直人君の歌唱 ルーシーさんの凄さが他の出演者の方たちの刺激になったのか(って私が勝手に想像しています) 福井さんも燃えたし カッキーも頑張ったし 胃痛と腹痛にも打ち勝って

メグさんも石丸さんも いつもより凄かった
咲妃みゆさんも可愛らしかった

怒涛の日々で 梯子を2連ちゃん

土曜日は ユニで行きそのまま味スタへ 寒くって雨で負けて最悪
日曜日の梯子は夢のよう

生きるに出演中の 川口竜也さんと 姉さま大好きな村井一帆さんのライブ

手紙の曲 歌おうメリークリスマスを聞けて 大興奮

マネには お久し振りと言われてしまったけれど 壁ドンの彼なので 許して欲しい


橋本真一君の ボクママ も観てきました  発達障害のボクとママのお話です

このような作品に出演してくれる 真ちゃんも大好きです

帝国劇場は マリーアントワネットは 観に行けば夢の世界に入れます


さあ 今日は 生きる 念願の鹿賀さんです  楽しみです


腰がやっと回復したかと思っていたのに また痛めてしまい ちょっと辛いけれど

劇場に行くとアドレナリンが出て痛さを忘れています

グレイテストミュージカルコンサートでは リス君のも遭遇できたし ずーと応援してる 田川っちにも逢えてお話できたので 良かったです


nice!(0)  コメント(0) 

二十日鼠と人間 [ミュージカル 劇]

1930年代、世界大恐慌時代のカリフォルニア州。

出稼ぎ労働者ジョージ(三宅健)とレニー(章平)は、いつか自分たちの農場を持つ夢を持ちながら、いつも共に行動している。しかし、頭の回転が悪い大男レニーがいつも問題を起こすので、数々の農場を渡り歩くはめになっていた。ジョージは失敗ばかりするレニーの尻拭いをする毎日だが、見捨てることは出来ずにいる。レニーはそんなジョージに頼り切っていた。

レニーが問題を起こし、前の職場から逃げた2人は新たな職場である農場にたどり着く。ボス(藤木孝)と呼ばれる管理人の農場で働くことになるが、レニーはボスの息子のカーリー(中山祐一朗)になぜか目をつけられる。カーリーは若さと美貌を兼ね備える妻(花乃まりあ)を迎えたばかりであったが、なぜかイライラしていた。

ジョージとレニーは労働者のリーダーで賢いスリム(姜暢雄)の下で、下品で無神経なホイット(瀧川英次)やカールソン(駒木根隆介)、黒人であるがために馬小屋に住まわされているクルックス(池下重大)、片手が無い老人キャンディ
(山路和弘)と共に働き始め、生活を共にしてゆく。ジョージはレニーに、農場で面倒を起こさないよう言い聞かせながら、仕事の合間にはいつも2人で夢を語っていた。

ある日、2人の語る夢を聞いていたキャンディが、「隠し持っている貯金があるから、仲間に入れてほしい」と2人に持ちかけてきたことで、描いていた夢が現実味を帯びてくるが……。




キャスト
三宅健
花乃まりあ
中山祐一朗
姜暢雄
池下重大
瀧川英次
駒木根隆介
章平
藤木孝
山路和弘
スタッフ
演出:鈴木裕美
原作:ジョン・スタインベック
翻訳:広田敦郎
美術:土岐研一
照明:笠原俊幸
音響:井上正弘
衣裳:黒須はな子
音楽:岩崎廉
ヘアメイク:宮内宏明
演出助手:元吉庸泰


腰が痛いのにゆっくり歩いて 観てきました
章平君の演技 輝いていました
他の出演者も凄い方ばかり いつもと違う雰囲気の劇場ですが 楽しめました

映画版が好きです

その日に 三宅健君の彼女の写真が出回るって 宣伝か???


nice!(0)  コメント(0) 

マリーアントワネット 笹本さん 万里生さん 昆さん 初日 [ミュージカル 劇]



二日連続帝国劇場へ・・・

またもや ロビーにて KAIさんを発見 韓国ミュージカルのスター様です
握手出来てきて 幸せからの観劇

キャストが変わると 全く違う印象でした

万里生さんの歌の上手さを 実感させて頂きました セリフも 心に響きました。

2回目になると アンサンブルさん達も覚えてきます

楽曲も覚えてくるので 楽しい

優一さんは 帝国劇場が似合うなと・・・  可愛かった

笹本さんと昆ちゃんの歌声 声室が似ているので 熱唱で素晴らしいのですが 違うペアの方が 良いのではと思ってしまいました

素晴らしいので 行けば行くほど楽しくなる ミュージカルです

nice!(0)  コメント(0) 

ミュージカル「レ・ミゼラブル」の新キャストお披露目会見 [ミュージカル 劇]






ミュージカル「レ・ミゼラブル」の新キャストお披露目会見が行われ、トレンディエンジェルの斎藤司が出席した。オーディションでテナルディエ役を勝ち取った斎藤は、「当たって砕けろの覚悟で受けました」とコメント。ミュージカル初挑戦にあたり、「日本中のみんなが愛している大作なので、足を引っ張らないように頑張ります」と意気込んだ。昨年12月に結婚した斎藤は、今年6月に第1子となる女児が誕生したばかり。斎藤は「芸人の間では『子どもが生まれると運気が上がる』というジンクスがある。娘が持って来てくれたプレゼントですね」と父親の顔を見せていた。
<公演日程>2019年4月19日-5月28日 東京・帝国劇場、6月7日-25日 名古屋・御園座、7月3日-20日 大坂・梅田芸術劇場メインホール、7月29日-8月26日 福岡・博多座、9月10-17日 北海道・札幌文化芸術劇場hitaru

出席者:佐藤隆紀、上原理生、伊礼彼方、濱田めぐみ、屋比久知奈、三浦宏規、熊谷彩春、斎藤司(トレンディエンジェル)、朴璐美、小野田龍之介


私は 残念ながら 当選しなくて 落選でした 観に行きたかった

レミゼが楽しみです

nice!(0)  コメント(0) 

マリーアントワネット 帝国劇場初日に行って来ました [ミュージカル 劇]



帝国劇場の初日に行って来ました

初日には いつも 海外のスタッフの方たちもお見えになります

リーヴァイさんもいらしてました
振付の方の挨拶で アンサンブルの方たちのお蔭ですとのコメントには 涙が出てきました

まあ それよりも なりよりもびっくりした嬉しい出来事が

まさかの まさか 韓国ミュージカルの キム・ソヒョンさん  先日ご主人のソンジュノさん達のコンサートに参加したばかり

キム・ジュンヒョンさん 元劇団四季の金田さん ジュンヒョンとジョンヒョンをいつも間違えて未だにどっちだったかいつも迷う

VIXXのレオ君

あともう一人の大女優さん 名前が出てこない・・・たぶんキム・ソヒャンさん

誰も気が付かない  私はもうドキドキで嬉しくって 始まる前から ハイテンションになりました    握手して頂きました。


さあ 新演出の舞台 モーツァルトの時のような斜めの舞台
花總さんは 流石の安定感

シュガーさんの優しいルイ16世  私的にはウーマンオブザイヤーでデビューした山本君に注目

ソニンさんが凄かった 今日は昆さんなので凄く楽しみ
nice!(1)  コメント(0) 

『生きる』 プレビュー公演 [ミュージカル 劇]

wowowで放送してくれたので それを観てからの観劇

実は暗いイメージで ミュージカルになの?的な不安もありつつ劇場に向かいましたが 宮本亜門さんの見事な演出 マジに細かい所まで行き届いていて 笑いの場面も沢山
音楽はジェイソン・ハウランドさん 彼は デスノートの音楽監督さんなのです
ですから 音楽も今風であり デスノートを彷彿させる楽曲もあり・・・
場面も次から次へと変わる 舞台装置も凄く大変だったと思うし そのタイミングも素晴らしかったので キャストの方ら裏方の方の練習の凄さが 凄いなと想像できる
音楽もマジに素晴らしい

休憩時間に リピチケを購入したのは私にとっては珍しい事 まだG列が確保できました

今回は 始まる前に後日の出演の 鹿賀丈史さんと 新納さんもご挨拶に

鹿賀丈史さんが 45周年の俳優人生のなかでいくつかのターニングポイントになる作品と出会った
ジーザスとレミゼ そして 今回の生きるだと・・・

レミゼに匹敵するくらいの作品  観わって興奮冷めやらずの経験は久し振り 素晴らしい作品になっています










黒澤明監督の映画「生きる」がミュージカル化されることになり、主演の市村正親、鹿賀丈史、演出の宮本亜門らが製作発表に出席した。市村と鹿賀がダブルキャストで演じるのは、60歳の定年を前に胃がんに冒されていることを知り、改めて生き方を模索する役所勤めの主人公・渡辺勘治。自身も2014年に胃がんの闘病を経験した市村は「早期発見だったので、こんなに元気に生きている。そういう俳優にこの役が来たのも、芝居の神様の采配かなと思う」と感慨深げに語った。また、2人の息子を持つ市村は、子どものためにと働いてきた主人公の思いに共感したと明かし、「(ステージでは)演技をしているのか分からないような状態で、渡辺として生きるのかなと思う」と話した。

<公演日程> 10月8日-28日 東京・TBS赤坂ACTシアター

市村正親 鹿賀丈史

市原隼人

新納慎也 小西遼生

May’n 唯月ふうか 山西惇

川口竜也 佐藤 誓 重田千穂子

治田 敦 松原剛志 上野聖太 高原紳輔 
俵 和也 原 慎一郎 森山大輔 安福 毅
飯野めぐみ あべこ 彩橋みゆ 
五十嵐可絵 可知寛子 河合篤子 
森 加織 森実友紀

nice!(0)  コメント(0) 

林部智史 カバーアルバム「カタリベ1」 [独り言]






林部智史 カバーアルバム「カタリベ1」
2018年10月3日(水)リリース
AVCD-93998 ¥3,000(本体価格)+税

【収録曲】
01.Squall
02.ごめんね・・・
03.たしかなこと
04.糸
05.側にいて
06.Hello, my friend
07.僕が一番欲しかったもの
08.ひまわりの約束
09.木蘭の涙
10.明日への手紙
11.行かないで
12.瑠璃色の地球


嬉しい届きました
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。