So-net無料ブログ作成

映画『私の人生なのに』 [映画]



映画『私の人生なのに』
2018年7月14日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
出演:知英 稲葉友 / 落合モトキ 蜷川みほ 江田友莉亜 深沢敦 野中隆光 飯田孝男 根岸季衣 高橋洋  赤間麻里子
監督・脚本:原桂之介
原作:清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
音楽:山本加津彦  
主題歌:JY「涙の理由」


稲葉友君は 姉さまが大好きな タクフェスに出演してくれたので
晩餐に出演してくれたので その時から地味に応援していました

タクフェスに出演して下さった方とは フォトも撮っているので・・・

舞台挨拶が当選したら観ようかなと思っています、


落合モトキくんは 先日 台湾より愛をこめて これは大野君の舞台挨拶付きを観て来ましたが 共演していましたね
nice!(0)  コメント(0) 

二兎社公演42『ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ』 楽しかった [ミュージカル 劇]

2018年06月23日 (土) ~2018年07月16日 (月)
会場シアターイースト
作・演出永井 愛

出演安田成美 眞島秀和 馬渕英里何 柳下 大 松尾貴史






昨年の時の 感想です

テレビ局の報道現場を通して日本独特の「空気を読む」という現象を描く『ザ・空気』。放送直前に局の上層部から放送内容の変更を命じられた現場を舞台に、編集長、ディレクター、キャスター、コメンテーター、編集マンらの思惑が交錯する様を描く。出演者には田中哲司、若村麻由美、江口のりこ、大窪人衛(イキウメ)、木場勝己が名を連ねている。-二兎社 -


舞台『ザ・空気』を観た人の感想、評価、口コミ

二兎社の『ザ・空気』。 もう少し笑いの成分があるかと思ったんだけど、完全にサスペンスホラー。 怖かった・・・。 報道については門外漢だけど、テレビってこんな感じなのかなあ。


「ザ・空気」終演…素晴らしい、そしてもの凄く怖い!たった1人の指導者の暴走であんな風になるのだとしたら、米の国の他人事の話じゃなくて、日本こそが、今の偏った報道に晒されてる状況こそが危ないんじゃないか?このままでいいハズがない。


二兎社の公演「ザ・空気」。これは…まさに今、テレビ局はじめマスコミで働く人は冷静に観れるもの…? ある報道番組で、日本の報道の自由の危機を訴える特集が、放送当日どんどん変えられ別のものになっていく…その様がリアルなある意味「ホラー」。追い詰められたスタッフのその後も考えさられる。


二兎社『ザ・空気』は、放送開始直前の突然の番組内容変更に混乱する報道現場を描いた作品。ドタバタのコメディかと思っていたら、下手なホラーよりもよほど怖かった。そして、世界が不安に覆われる中、改めて感じた演劇の力に、一条の光を見た気がした。


二兎社『ザ・空気』観劇。あまりの緊迫感に硬直しっ放しだった。しばらく立てなかった。涙と震えが止まらなかった。手が痛くなるまで拍手した。断トツにお薦めしたい、絶対にいま観て欲しい作品。


二兎社「ザ・空気」は今そこここにある危機を感じさせ、息を呑んで展開を見守るうちに一気に終わった。木場勝己さんの曲者ぶりが半端ない。


「ザ・空気」。テレビのニュース番組の特集をめぐって、外部圧力による自主規制ができていく様。怖いよ。

二兎社公演『ザ・空気』。詳しく書く訳には行かないが、田中哲司と若村麻由美の、行き違いから立場が擦れ違いそうになるのにブレーキをかける心のあやと報道人としての良心が仄見えるラストシーンが素晴らしい。ああ、此処は是非直接観て感じて欲しい処。ちゃんとそのための伏線も引いてあるんだよね。


二兎社公演『ザ・空気』の登場人物は報道人の矜持と外圧に向き合う組織人の責任との狭間で常に揺らいでいる処が極めて人間らしく、投げ上げたボールの着地点の不透明さこそが極上の心理サスペンスになっている。古狸である大雲アンカーでさえ駆け出しの新聞記者時代を語る時は素の自分を見せてくれる。


二兎社「ザ・空気」 面白かった。っつうか、怖かった。 言葉狩りからはじまった物語が、しだいに人間の信念が狩られる話へ。人間の尊厳が狩られる話へ。 しかも戦ってる相手が、その場の空気ってのが恐ろしい。こんなん、自分はホントはなんと戦ってるのかさえ分からん。 永井愛にサイン貰った。


さあ 前回観ていないので 初めて観させて頂きます 凄く楽しみです 柳下大君に期待です


金曜日はこれを観て来ました

政界のお話しで 今を 盛り込み ブラックユーモア 凄く楽しかったし
キャストがまさにスペシャリストなので 本当に楽しかった

これは 観ないと損をします

柳下大君のお陰です

nice!(0)  コメント(0) 

フリー・コミティッド [ミュージカル 劇]

俳優の成河(そんは、36)が、初の一人芝居舞台「フリー・コミティッド」(来年6月29日~7月22日。東京・DDD青山クロスシアター)で全38役に挑戦することが27日、分かった。





 2000年に米ニューヨークで初演され、米国、英国で何度も再演された人気作。今回が日本初演となる。演出は千葉哲也氏(54)が手掛け、成河とは11年の「NOISES OFF」以来3度目のタッグ。

 主人公のサム(成河)は売れない俳優で、米マンハッタンの超人気レストランの予約電話受付係。満席の店内でオーディションの合否を待つ中、次々に電話で店の予約をもぎ取ろうとする客を断ろうと奮闘する。

 成河が演じるのは、金持ちの社交界夫人、レストラン支配人、ゲイの美容師、大柄でタフなフランス人女性、下っ端のマフィアなど風変わりなキャラばかり。「1人38役という無謀な挑戦をします」と意欲をみせた。声や表情を次々に変えてめまぐるしいテンポで展開。「瞬時にそれと分かる人物の特徴を38パターン作らなきゃいけないので大変ですが、取材と観察を地道に積み重ねてやっていこうと思います」と力を込めた。

来年6・29~初の一人舞台 今年は、劇団☆新感線の舞台「髑髏城(どくろじょう)の七人 Season花」の天魔王役などで抜群の存在感を発揮。来年は1月9日開幕の舞台「黒蜥蜴」(東京・日生劇場)など出演作が続く。03年の舞台デビューから15年を迎える節目の年。「出演者が1人である利点を生かして、自由に楽しく創作していきたいと思います」と初の一人舞台に期待を膨らませた


ソンハ君の舞台を観ると 毎回 関心させられる事と 感想を誰かに話したくなる 衝撃があるんです

なので 今回は 自分の誕生日に彼の出演作を選びました くしくも その日にトークショーがあるので めちゃくちゃ嬉しく 楽しみです


28日に 観て来ました この日は最前列でしたので 前の方の頭など邪魔がなく 舞台をガンみ 細かい舞台の小道具も凄く凝ってます

2時間をあのテンション炉維持したまま 様々のハプニングにも対応して 全身全霊の演技
成河君の 小柄のあの身体の中の どこにあるのか

百万回生きたねこ  って 姉さま猫が苦手ですが 楽しめましたし アドルフに告ぐ 凄い演技を最算列で観ました

グランドホテルも 真吾も良かったけれど  エリザベートのルキーニは 怒気もを抜いた 歴代のルキーニの中で 姉さま的には最高だった

人間風車は怖かったけれど
劇団☆新感線『髑髏城の七人も ソンハ君を・・・

『子午線の祀り』黒蜥蜴も 結局彼の演技を観たくて観て来ましたが 彼は 彼の演技は いつも満足以上のものを下さった

今回は 38役を 演じ分ける   観て  こうきたかと納得

マジに凄い俳優さんだと 感動

友人に遭遇 感性が少しデスが似ているので お話しが楽しくって嬉しかった


チケット代の6900円も感謝したい  クロスシアターの8900円は 正直 小劇場の良さが半減してしまう
と 私は思っているので・・・


nice!(0)  コメント(0) 

韓国 ドイツを破る [FC東京 サッカー]

キム ヨングォン選手にゴールでしたね 彼は 我がチーム FC東京に在籍していたことがあります

姉さま 実は 昔ですが 開幕戦の前に 選手を取材できると言う ショップとのコラボに当選して

2月27日に小平の練習場にて 選手に密着出来る事のなりました

私は 大竹選手を希望して そのコント的な私の面白い場面が まさかのカットにならずに放送させてしまい その年の開幕戦の時は MXテレビを観た方に 味スタで 指をさされて 爆笑されました

そう その日が ヨングンの誕生日だったので 開幕戦の前に プレゼントを渡すた 忘れられない選手なのです
ロングシュートも打って 良い選手でしたが 大宮に行ってしまいました


ヒョンス選手も 凄く頑張っていて あのハンドの悪夢は 忘れられたのではないでしょうか

ある意味 奇跡的な凄い試合

諦めちゃだめだを教えてくれた試合でしたね
nice!(0)  コメント(0) 

銀河鉄道999 [ミュージカル 劇]

昨日は 久し振りの明治座 韓流ミュージカルで 通いました。今回は 銀河君999 ゴダイゴの 楽曲が聞きたかった。
アッキーファンは 嬉しかったと思う わたしが観たかった方 入野自由君は声優さんだけあって 今回は貴重な役だし マジに良い声でした。 
出番の凄く少ない方もいっぱいで気の毒と言うかもったいないなとも思う 平方元基くんや 染谷俊之君 一幕目は・・・
壮大な有名なアニメを舞台にすることは 凄く難しかしいと思うけれどもう少し工夫できたのではないのかなと思う
独特な雰囲気の明治座  キャラクターになりきらなけでばならないし 2・5次元とも少し違っていたし 頑張ったのかな  どんな感じ化を観られたので 良かった  プログラムが高すぎると思う 記念で購入したけれど 2500円はあり得ない  感動するには もう一回観ないとなのか???
ちょっと 何かが足りない


私は 横関さんが出演なさるので 観に行きました イベントでお母様とお話しさせて頂いたご縁で  

星野鉄郎
機械伯爵による人間狩りに遭い、目の前で母を殺される。伯爵への復讐を誓うと同時に、機械の体を手に入れて永遠に星の海を旅することを夢見ている。謎の美女メーテルから銀河超特急999号のパスをもらい、一緒に旅立つ。
中川晃教Akinori Nakagawa
宮城県出身。2001年に自身が作詞作曲を手掛けた「I WILL GET YOUR KISS」でデビューし、同年の日本有線大賞新人賞を受賞。翌2002年、日本初演となったミュージカル「モーツァルト!」の主役に抜擢され、読売演劇大賞優秀男優賞、文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞、杉村春子賞など、初舞台にして数々の賞を受賞する前例の無い快挙を成し遂げた。以降、音楽活動と俳優活動を並行して行っている。2016年に主演を務めたミュージカル「ジャージー・ボーイズ」では、読売演劇大賞最優秀男優賞および菊田一夫演劇賞を受賞。名実ともに日本のミュージカル界を牽引するトップスター。


メーテル
鉄郎に銀河超特急999号のパスを与え、一緒に旅をする謎の美女。
ハルカHaruka
「ハルカトミユキ」のGt/Vo。歌人でもあるハルカの鋭い言葉で紡がれた刺激的な歌詞と、ポエティックなサウンドがインディーズシーンで話題を呼び、2013年にメジャーデビュー。ライブを中心に活動し、表現者としても注目されている。


機械伯爵
機械化世界で勢力をもち、宇宙を移動する要塞・時間城に住む冷酷な伯爵。趣味の人間狩りで鉄郎親子を襲い、鉄郎の母を射殺した。生身の人間からは仇と憎まれる存在。
染谷俊之Toshiyuki Someya
神奈川県出身。2008年より俳優として活動し、若手俳優の登竜門とも言われる人気ミュージカル「テニスの王子様2ndシーズン」や、舞台「弱虫ペダルインターハイ篇The Second Order」、「刀剣乱舞〜虚伝 燃ゆる本能寺〜」など次々と話題作に出演。近年では、主演舞台「剣豪将軍義輝(前後編)」、「グランギニョル」と出演し、舞台では欠かせない存在といわれるほど、確固たる地位を築いた。抜群の運動神経を活かしてアクロバットや殺陣もこなし、声優としても活躍している。


リューズ
機械伯爵の恋人で、機械化人の歌手。伯爵が望むまま機械の体になり、改造を繰り返していた。時間を操る能力をもつ。
矢沢洋子Yoko Yazawa
東京都出身。12歳から米・ロサンゼルスで過ごし、帰国後2008年にボーカルとギターのユニットでデビュー。2010年からは本名でソロ活動を開始。台湾や中国のロックフェスティバルに出演するなど、アジア各国にもその活躍の場を広げるほか、ラジオパーソナリティーもつとめる。2014年にバンド「PIGGY BANKS」を結成。低音から高音まで幅広く表現できる抜群の歌唱力で国内外問わず多くのリスナーを魅了している。


シャドウ
冥王星で氷の墓の管理人をしている機械化人。機械の体になったが、生身の人間だった頃の美しさを再現できなかったため顔は作らなかった。「迷いの星のシャドウ」と呼ばれている。
雅原 慶Kei Miyahara
兵庫県出身。立命館大学卒業後の2008年に劇団四季入団。2年目で「キャッツ」のメインキャラクター・ジェリーロラム=グリドルボーン役に抜擢されると、「アイーダ」でタイトルロールのアイーダ役、「ウィキッド」で主役・エルファバ役を務めるなど、圧倒的な歌唱力と表現力で高い評価を得る。2015年には「キャッツ」グリザベラ役を異例の若さで演じ、劇団の顔とも言える存在に。2016年12月に劇団四季を退団し、舞台はもちろん映像の世界にも活躍の場を広げている。


クレア
クリスタルガラスの体をもつ機械化人。元の身体を買い戻すため、銀河超特急999号で働いている。鉄郎に恋心を抱く。
美山加恋Miyu Irino
東京都出身。子役として2002年に舞台デビュー。2004年のテレビドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」の見事な演技で天才子役として注目を集め、数々の賞を受賞した。その後もテレビドラマや映画、舞台などに出演し、近年は声優としても活躍。2017年のテレビアニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」で主演(のキュアホイップ/宇佐美いちか)の声優を務めたほか、舞台ではミュージカル「赤毛のアン」などで主役を演じている。


大山トチロー
かつて宇宙を駆けた人間。理不尽に人間へ危害を加える機械化人を許せず、機械伯爵を倒す機会を探っていた。宇宙病に冒され、鉄郎にその意志を託す。
入野自由Miyu Irino
東京都出身。4歳で子役としてデビュー。2001年公開の劇場アニメ「千と千尋の神隠し」でハク役を演じて脚光を浴びる。声優として数々のアニメ・ゲーム作品でメインキャラクターを演じる一方、子役時代から積極的に舞台作品にも参加。「NINAGAWAシェイクスピア リチャード三世」や「屋根の上のヴァイオリン弾き」、「タイタニック」などに出演し好評を得ている。2009年にはCDデビューを果たし、ライブ活動も行う。


車掌
銀河超特急999号の車掌。真面目な性格で、999号を時間通り運行することに努めている。いつでも乗客への気遣いを忘れない。
お宮の松Omiyanomatsu
福岡県出身。北九州市特命観光大使。人気番組「出動!ミニスカポリス」の司会をはじめ様々なバラエティ番組に出演するほか、たけし軍団の師匠・北野武が監督を務めた映画「キッズ・リターン」や「座頭市」などに俳優として出演し、「アキレスと亀」では東スポ映画大賞新人賞を受賞している。近年は、坂上忍作・演出の舞台「リバース」や「溺れる金魚」などの舞台作品にも数多く参加。演技力に定評がある。


トチローの母/鉄郎の母/プロメシューム(声)
トチローの母:土星の惑星タイタンに一人で住み、半ば諦めながらも息子・トチローの帰りを待っている。メーテルを助けに行く鉄郎に、手製の帽子とマント、機械化人を倒せる戦士の銃を与える。
鉄郎の母:鉄郎と二人で銀河鉄道の停車駅メガロポリスに向かう途中、機械伯爵による人間狩りに遭い殺されてしまう。
プロメシューム:機械帝国を支配する女王。全宇宙を機械化しようと目論み、生身の人間は “生きたネジ”に変えて惑星を支える部品にしてしまう。
小野妃香里Hikari Ono
茨城県出身。3歳でモダンバレエを始め、15歳よりミュージカルを中心に様々なステージで活動中。ダンスとアクションを中心にした舞台やライブの演出・振付も手がける。近年の主な出演作に、Musical『ボクが死んだ日はハレ』、ACT×DANCE『Double Flat』(構成・演出)、『ダニー・ボーイズ』、『壊れた恋の羅針盤』、Off-broadway Musical『bare』、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』等。


アンタレス
土星の衛星タイタンにあるぶどう谷の山賊。戦場などの修羅場を幾度も経験し、体内に不発弾を多く抱えている。機械伯爵に親を殺された孤児たちを養う。鉄郎に、宇宙で生き抜くための心得を授ける。
塚原大助Daisuke Tsukahara
中国大陸最西端の町カシュガルからラオスを抜け、タイのバンコクまで自転車で単独走破という異色の経歴を持つ。山野海主宰の劇団・ふくふくやで中心メンバーとして活動する他、自身でもゴツプロ!の主宰を務めている。「RETURN」や「イン・ザ・ヒーロー」など国内の映画に留まらず、中国映画「カイロ宣言」やアイルランド映画「RED LINE」に出演するなど海外での活動も精力的に行っている。また、「NHK大河ドラマ龍馬伝」、「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」などテレビ作品にも数多く出演。舞台を中心に、コメディー作品から重厚なアクションドラマまで幅広い表現力をみせ、特に人間臭い演技力が魅力。


クイーン・エメラルダス
宇宙船クイーン・エメラルダス号で宇宙を駆ける女海賊。メーテルとは旧知の間柄で、機械伯爵がいる時間城の行先を鉄郎に教える。最愛の人を探し続けている。
凰稀かなめKaname Ouki
神奈川県出身。1998年に宝塚音楽学校入学、2000年に宝塚歌劇団へ入団し「源氏物語 あさきゆめみし」で初舞台を踏む。2012年には宝塚歌劇団宙組の男役トップに就任。2015年に惜しまれつつ退団するまで、多くのファンを魅了した。以降も舞台を中心に活動し、2016年のミュージカル「1789 バスティーユの恋人たち」でマリー・アントワネット役を演じ女優デビュー。2017年3月には、ミュージカル「花・虞美人」で宝塚歌劇団退団後初主演を務め、高い演技力を披露した。


キャプテン・ハーロック
多くの海賊を率い、アルカディア号で大宇宙を駆けめぐる宇宙海賊のキャプテン。鉄郎や子どもたちにとって憧れの存在である。
平方元基Genki Hirakata
福岡県出身。2008年にテレビドラマで俳優デビュー。2011年、小池修一郎演出『ロミオ&ジュリエット』でティボルト役を好演し、ミュージカルデビュー(13年版、ベンヴォーリオ役)。以降、大作に次々と出演し、活躍の場を拡げている。主な出演作に、舞台:『レディ・ベス』、『キス・ミー・ケイト』、『王家の紋章』、『スカーレット・ピンパーネル』、『スウィート・チャリティ』、『ダンス オブ ヴァンパイア』、『サンセット大通り』、『マイ・フェア・レディ』、『エリザベート』、 TV:「東京リトル・ラブ」(CX)、「魔女裁判」(CX)、「神の雫」(NTV)、「スクラップ・ティーチャー~教師再生~」(NTV)などがある。


岡崎大樹 高木裕和 高橋里央 出口栄一 富田大樹 長尾哲平 中島大介 バレッタ裕 藤田勇紀
森内翔大 森田力斗 安里唯 池田美千瑠 新橋和 望月ちほ 安室夏 横関咲栄
(男女別・五十音順)



nice!(0)  コメント(0) 

☆『猫は抱くもの』公開記念舞台挨拶 [映画]

監督:犬童一心×主演:沢尻エリカ×猫:吉沢亮
なりたい自分になれてない!猫と大人の再生の物語!
歌手になる夢を諦めきれない主人公・沙織(沢尻エリカ)が心を開くのは、自分を人間だと思い込んでいる猫・良男(吉沢亮)。こじらせた1人と1匹が、売れない画家ゴッホ(峯田和伸)や迷い猫のキイロ(コムアイ)、猫たちとの交流を通して、自分らしく生きるすべを見つけていく物語。笑って沁みて、見終えた後には、きっと大切な誰かを抱きしめたくなる―。
沢尻エリカ扮する主人公・沙織が劇中のアイドルグループ・サニーズ(伊藤ゆみ、林田岬優、佐藤乃莉、末永百合恵)の一員となり、歌って踊る姿は必見!そんな沙織を翻弄する男性・2役を柿澤勇人が熱演している。


6月24日(日)13:30の回
上映終了後(15:20~舞台挨拶)
【会場】京成ローザ(10)
【登壇者】犬童一心監督、柿澤勇人、林田岬優さん、佐藤乃莉さん、末永百合恵さん(予定)

京成ローザです  小川ローザなら知ってますが オーモーレツって 若い方達が知らないのが悲しい。

さあ 行きます
映画が楽しい事に期待 

感想は追加します
nice!(0)  コメント(0) 

映画 紅葉橋 [映画]

時は現代。
東京都墨田区、スカイツリーから程近い、すみだパークスタジオ内にある劇場『倉』に於いて、「墨東の乱」という演劇公演が初日を迎えようとしていた。
この公演は、朝井峻佑という役者が自らプロデュース・演出・主演を兼ねるというものだった。
実はこの「墨東の乱」という演目は、5年前に同じ『倉』でレッドリーブスという劇団が上演する予定だった。
劇団レッドリーブスは、山名孝治という男が地元墨田区の高校の演劇部の先輩や後輩たちを集めて結成した劇団だった。
そこには朝井や山名の妹の紗知や朝井と同じくプロの役者を目指していた北島という、同級生の三人もいた。
上演を間近に控え、レッドリーブスの「墨東の乱」は頓挫し、劇団も一年後に解散した。
その理由は何だったのか・・・。
朝井を除くレッドリーブスのメンバー達は、地元墨田区でそれぞれの道を歩んでいた。
5年後、朝井峻佑はなぜこれほど「墨東の乱」にこだわり、上演しようとしているのか。
今度こそ「墨東の乱」の幕は上がるのか。
忘れられない出来事・・・。
伝えられなかった想い・・・。

レッドリーブスのメンバーの5年間の生きざまを縦軸に、「墨東の乱」の初日を控えた舞台に関わる人たちの思惑を横軸に、人間模様が交錯するヒューマンストーリー!
この作品は「演劇」「舞台」を「映画」で描いた作品でもあります。
ご期待ください!


キャスト
柳下 大
山田菜々
安里勇哉
赤澤 燈
永岡卓也
加藤良輔
瀬尾タクヤ
染谷洸太
竹尾一真
木戸大聖
鈴川博紀
風山真一
富田麻帆
五十嵐可絵
ふじわらみほ
佐藤蕗子
宮原理子
難波なう
木村菜摘
三谷夏果
猪子めぐみ
玉城裕規
川本 成
奥山美代子
升 毅

2018年
8月18日(土)、19日(日) 曳舟文化センター

MUSIC

主題歌


『もみじ葉』


作詞:南鳩 史之 (FUMIYUKI MINAMIBATO)
作曲:小林 良孝 (YOSHITAKA KOBAYASHI)
  歌:和田 清香 (KIYOKA WADA)



覚えてますか、あの日の頬をなぜる風の優しさを
感じてますか、あの風は行き場を失くし今日も鳴いています
紅く

群れることが不得手なキミは不器用さを演じてた
その下手芝居続けることがムダだとわかっていたくせに

正直で身勝手なキミは、
あの時襲い掛かかった容赦のない選択にプライドを投げ捨てた

わざとはしゃいで甘えて、袖をつかむことができてればね
橋のざわめくもみじ葉は、キミの照れ笑いを連れてくる
今日も

いともたやすく壊れたのは、キミのつれなさだと、
そのせいにしながら、向き合うことを恐れてた

はるか遠くの夢を追う、キミの空は澄んでいて、
風が荒れ狂い叫んでも、伝えたい言葉があるんだ

キミに

それは

今でも…

今でも…


18日は水戸に行くので 19日に行きます めちゃくちゃ楽しみ  映画です
nice!(0)  コメント(0) 

キム・ジュンヒョン×LEO(VIXX)~韓流ぴあ Presents Kミュージカルシネマ MATAHARI Special~ [ミュージカル 劇]

遠し券です 今日は一日 マタハリです

座席が 当日引換なので マジに心配 観にくそう・・・

12列と23列でした 当日引換は マジに時間が勿体ないけれど 転売する事を恐れての秘策なのかもしれませんね  

映画の方は マタハリがチャ・ジヨンさん 私の大好きな オクジュヒョンさんじゃないので
残念 サッカー観戦の寝不足で少し眠くなりました。新演出 日本のマタハリは ダンスシーンが多くって 私は 断然日本のマタハリが理解出来て 心に響きましたが

韓国ミュージカルは 歌が 半端ないっす

その後のトークショー MCが 親世さんでしたので 何倍も楽しかったです。LEO君 日本初来日の時はZeppで ソングク達と VIXX 椅子席で ハイタッチも勿論あって身近でしたが キセキが 大ヒット 超アイドルになりましたね LEO君 歌が上手 でも 引っ込み思案で ミュージカルに出演が決まった時に心配もしましたが とても頑張っていて 大感激
ルドルフ ザ ラスト キス  観たくなりました  日本版も新たなキャストで


ジュンヒョンさん アイーダ特集を歌ってくれて 姉さん 嬉しかったです?セットリスト 素晴らしかった



公演詳細】
「キム・ジュンヒョン×LEO(VIXX)~韓流ぴあ Presents Kミュージカルシネマ MATAHARI Special~」
2018年6月23日(土)メルパルクホール東京(東京都港区芝公園2-5-20)
出演:キム・ジュンヒョン、レオ(VIXX)
昼公演:『マタ・ハリ』上映&トーク 14:00開演予定
夜公演:コンサート 19:00開演予定
・昼夜通し券 15,000円 ※特典付
・昼公演 4,500円
・夜公演 9,800円
・U18(18歳以下) 5,000円(夜公演・一般発売のみ)

【作品紹介】
『マタ・ハリ SHE’S BACK!』
EMKミュージカルカンパニーが制作費15億円をかけ、「第5回イェグリンミュージカルアワード」で最高作品賞を含む3冠を達成した、2016年『マタ・ハリ』の再演作。第一次大戦時、仏独の2重スパイ容疑にかけられ波乱の人生を送った美女マタ・ハリを描く。妖艶でありながら人間の業や悲しみを滲ます秀逸なドラマをフランク・ワイルドホーンの音楽が盛り上げる。

<上映バージョンキャスト>
マタハリ役:チャ・ジヨン アルマン役:チョン・テグン(VIXX LEO) ラドゥ大佐役:キム・ジュンヒョン
※2017年上演時の収録映像
※日本語字幕付上映
※上映時間140分(予定)・途中憩なし

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

真夜中の弥次さん喜多さん [ミュージカル 劇]

日程:2018年6月21日(木)~24日(日)

劇場:東京ドーム シアターG ロッソ


原作:しりあがり寿「真夜中の弥次さん喜多さん」マガジンハウス刊行/「弥次喜多 inDEEP」エンターブレイン刊行

脚本・演出:川尻恵太(SUGARABOY)


出演:
弥次郎兵衛 役:唐橋 充、 喜多八 役:藤原祐規、

佐藤祐吾、芹沢尚哉、深澤大河、大海将一郎、岩 義人、田代哲哉、コロ(ピヨピヨレボリューション)、松本寛也、湯澤幸一郎 ほか

日替わりゲスト:
松村龍之介(6/21 19:00出演)、納谷 健 (6/22 14:00/19:00出演)、伊崎龍次郎 (6/24 12:30出演)、阿澄佳奈 (6/24 16:30出演) ほか

<チケット情報>

■お伊勢参りシート:12,000 円(税込)

※ステージエリアの一部を客席として開放した特別シート/特典(非売品グッズ)付き

■グリーン席: ¥10,800 (税込・全席指定)/特典(非売品グッズ)付き

■一般席 ¥7,500 (税込・全席指定)


Gロッソは 自宅から近いし 観やすいので トイレは外ではありますが いつも大爆笑であり 通路を歩いて下さるので 楽しめました

出演者の方達を観て 知ってる方がいっぱいなので 自分でもびっくり

nice!(0)  コメント(0) 

ORCHESTRA POSSIBLE Born ~音楽は心のくすり~ [ミュージカル 劇]


ORCHESTRA POSSIBLE
コンサートマスター
・ヴァイオリニスト
枝並千花

 幼少の頃から、アカデミックなクラシック音楽の活動を続けながら、ジャンルや時代を超えた様々な音楽を届けていきたいと思い続けてきました。長い年月を経て、ひとつひとつのことを大事に積み上げ、多くの方の支えがあり、たくさんの思いが詰まった新しいオーケストラプロジェクトが始動しました。

 今回の初公演では医療ドラマの名曲にフォーカスします。曲の冒頭を聴いただけで、オープニング、主人公が命を救う感動のシーンが一瞬で蘇るなど、医療ドラマの音楽には特別な魅力があります。放送局の壁を超え、フルオーケストラのサウンドでお届けする初めてのコンサートです。

 5月の記者発表会では、スペシャルサポーターの生稲晃子さんから「クラシック音楽はどんな気持ちの時にも寄り添ってくれる存在。手術の前には病室で聴いた音楽に癒され、励まされました」と素敵なコメントをいただきました。今公演では、体の痛みや心の痛みが和らぐような音楽を、あたたかく、そして強い気持ちを音に込めて皆様にお届けします。

 公演当日の6月22日は小林麻央さんのご命日です。麻央さんの心のあたたかさと強さは、ブログなどを通じてたくさんの人の心に響きました。同世代の女性として、最後まで力強く生き抜かれた麻央さんを心から尊敬しています。心に届く音楽を発信したいという思いを込めてスタートするオーケストラ・ポッシブルの初公演、麻央さんへの思いも込めて演奏します。

 私たちはクラシックという伝統芸術を大切に守りながらも、新しい挑戦も必要であると考えています。どんなに良い演奏をしても、聴いてくださるお客様がいらっしゃらなければ、コンサートの開催が難しくなっていきます。ネット社会で、いつでもどこでもダウンロードなどで音楽を聴くことができる今、生の音楽が心から必要とされる文化であり続けるために、また会場へ足を運んでくださる皆様の心に寄り添い、深く響くことが出来るように、心ひとつに全力で演奏します。



王道クラシック公演から「イディナ・メンゼル」、「2CHELLOS」の他、昨秋、「X JAPAN」初のアコースティック日本ツアーでもコンサートマスターを務めたヴァイオリニスト枝並千花が率いる新しいオーケストラプロジェクト。2016年より最小編成による活動をスタート、LEXUSをはじめとするラグジュアリーブランドとのコラボレーションコンサートなどを開催。6月22日、初のフルオーケストラ公演を迎える。


ORCHESTRA POSSIBLE Born
~音楽は心のくすり~

<第一部>
Code Blue ~the same spirit~ / コード・ブルー
HANABI / コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
For Tomorrow / コウノドリ
Baby, God Bless You / コウノドリ
Amazing Grace / 白い巨塔
何度でも/ 救命病棟24時

インターミッション(20分間)

<第二部>
Lotus / 枝並千花オリジナル曲
JINメインテーマ / JIN -仁-
DOCTORSメインテーマ/ DOCTORS ~最強の名医~
Aesthetic /医龍 -Team Medical Dragon-
spirit / 医龍 -Team Medical Dragon-
Blue Dragon / 医龍 -Team Medical Dragon-
ドクターXのテーマ/ ドクターX ~外科医・大門未知子~


古川展生 チェロ
NOBUO FURUKAWA

東京交響楽団首席チェロ奏者の他、新たな音楽の創造を目指すユニット「KOBUDO-古武道-」など幅広いフィールドで活躍。映画『おくりびと』テーマ曲演奏でも注目を集めた。
桐朋学園大学卒業。


Concert Master 枝並千花

1st Violin◎三上亮 ◯戸原直 橋森ゆう希 尾張拓登 外園萌香 川又明日香 松村宏樹 吉岡篤志 小寺麻由 小林修子 大光嘉理人

2nd Violin◎山岸努 ◯對馬哲男 山名玲奈 東山加奈子 竹政大介 後藤沙祈子 中澤沙央里 大塚百合菜 木村雄 堀辺祥世

Viola◎中村翔太郎 ◯鈴村大樹 千原正裕 山口真 樹神有紀 今川結 諫山翔一 大辻ひろの

Cello◎古川展生 ◯森山涼介 中実穂 金子遥亮 中条誠一 菅井瑛斗

Double Bass◎山本修 ◯谷口拓史 石神悠 長坂裕美 山本昌史



Flute ◎伊藤優里 畠山奏子

Piccolo 上原麻衣

Oboe ◎若山健太 髙田園子

Clarinet ◎粟生田直樹 草野裕輝

Bassoon ◎依田晃宣 柿沼麻美

Horn ◎庄司雄大 溝根伸吾 谷あかね 豊田万紀

Trumpet ◎阿部一樹 東野匡訓 金丸響子

Trombone ◎古賀光 鳥塚心輔


Bass Trombone 中村弥生

Tuba 喜名雅

Timpani ◎清水太

Percussion ◎大場章裕 木下卓巳 藤原耕

Piano 長尾洋史

Harp 三浦麻葉

◎首席奏者 ◯次席奏者

医療系のドラマが大好きな私なので 凄く楽しかった 楽曲で場面が思い浮かぶ  そんな素敵なコンサートでした

そう 7月11日には くしくも同じ会場で この素晴らしい会場  東京オペラシティ コンサートホールでございます  今日は下見を兼ねて・・・

25番目でしたので 舞台が遠かったです

海宝直人君のコンサートの座席は 4列目 センターなので…嬉しいな 

頑張るんば


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。