So-net無料ブログ作成

こまつ座 どうぶつ会議 [ミュージカル 劇]

こまつ座の どうぶつ会議 初日に行って来ました。新国立劇場
まあ 通路側 ライオンキング CATSじゃないけれど 目の前 横を 歩いてくれるして
音楽の国広和毅さんが独特の世界をお願い広げて下さって 最後は 私達も一緒に歌う
心が洗われる作品です?
5DAYSで 頑張っていた 中山さん 上山竜治君 栗原類君 木戸大聖君 楽しかった[exclamation]?


公演情報 |PROGRAM過去の公演情報はこちら 現在公演中の作品と今後公演予定の作品をご紹介いたします。
どうぶつ会議好評上演中 ドイツの作家エーリッヒ・ケストナーが書いた
同名児童小説を、井上ひさしが舞台化した"幻の作品"。
こまつ座で約半世紀前ぶりに復活します。
3歳から100歳まで、観て、聴いて、笑って楽しめる音楽劇!


世界中のどうぶつたちが子どもたちのために立ち上がりました。
人間の大人たちは世界中にいろんな問題があるのに戦争ばかり、
これじゃあ人間の子どもたちがかわいそうだ、と抗議をしますが、
頭の固い大人たちには届きません。
困ったどうぶつたちは、人間の子どもたちに話を聞いてもらうことに
しました。
そんな中、日本のとあるサーカスでは、頭をひねらせたどうぶつたちが
劇場にやってきた子どもたちを閉じ込めて、お話を始めます。
一か月前のある暑い日の夜に始まったものがたりを...。


この二十一世紀というのは、地球と人類史上始まって以来の
大問題が起こってきている。
これをみんなで考えて必死に解決していかないといけない時代に
なったのです。
わたしたち旧い世代もがんばります。
しかし、この二十一世紀の主人公は若い皆さんです。
「この世の中は自分たちの意思で変えられる」ということをどうか
肝に銘じていただきたい。
自分たちの意見をはっきり表わしていくことです。
―――井上ひさし


実は初日で 凄くラッキーなサプライズがあり幸せすぎました
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。